温泉資格

温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育

現在、温泉は体にいい事で広く知られていきていて、湯治という言葉があるほど、温泉に浸かり体を温めると血行を促進する効果があったり、適度なお湯の圧力で、穏やかなマッサージの効果を得られて体を休めることができます。

日本全国に様々なお湯の性質の温泉があり、神経痛や関節痛を始め、虚弱体質や冷え性に効果があるとされており、新陳代謝を高める作用が確認されるほど注目されています。

温泉観光アドバイザーとは、日本生活環境支援協会が認定試験を行っている資格の一つで、この資格は名称のとおり、全国各地にある様々な温泉についての知識を身に着けている人を認定する資格です。

この、温泉観光アドバイザーの口コミや評判についてご紹介していきます。

温泉観光アドバイザーの試験や勉強方法について

温泉観光アドバイザーの認定試験は日本生活環境支援協会が主催していますが、講習を受けて大勢で受験するのではなく、在宅での受験が可能なので、仕事が忙しく試験会場に行く暇を取れない方などからの評判も高くなってきています。

受験の流れとしては、日本生活環境支援協会のホームページで申し込みができ、受験料である10,000円を振り込んで受けられるので、簡単に申し込みができ、更に受験料がリーズナブルになっているので評判が高いです。

都合のいい日だけでなく、自分のタイミングで受験できるので、仕事をしている方だけでなく子育てに忙しい方も気軽に受験できます。

また、勉強の難易度も高くなく、資格を取得しやすく覚えやすいことが口コミで広がっています。

温泉には老若男女問わず人気があり、旅行先ではかかせないものになっているので、勉強もはかどると評価を受けています。

温泉観光アドバイザーの活用について

温泉観光アドバイザーは人気の資格になってきていますが、まだ世間の人々の認知が薄い資格です。

ですが、日本各地の観光協会や旅行会社から評価を受けており、需要があるのに対し、資格をもっている方がまだまだ少ないので、仕事にも活かせます。

これから、温泉観光アドバイザーとして地域を持ち上げていく意欲を持っている方が、実際、観光地や温泉地などの仕事に活かしていると口コミがあるほどです。

また、温泉地で旅館などを営んでいる方や温泉施設で働いている方、旅行会社などの仕事をされている方なら、すぐにでも役立つ資格になっています。

上記のように仕事で活かすことができますが、それだけでなくプライベートでも役に立つという口コミもありました。

具体的に、温泉旅行に出かける時に、温泉地などではたくさんの温泉があるので、行き先に迷わない上に、温泉観光アドバイザーの資格があると、おおよその知識があるので、下調べの苦労も半減します。

名の知られている温泉の場所もすぐに分かりますし、そこの観光地の特色や歴史もよく分かります。

温泉の性質や効能についても理解でき、適切な入浴方法もマスターしているので、今まで温泉観光旅行をした時よりも楽しめるだけでなく、同行している家族や友人などからも評価を得ることができます。

温泉観光アドバイザーの資格の価値について

温泉観光アドバイザーは取得された方からの資格に大変価値があると評価を受けています。

日本各地に温泉地は3,088ヶ所もあり、その温泉地の温泉施設の数は21,161ヶ所、更に年間の宿泊者数は127,974,837人にものぼり、人気があることが伺えます。

これだけの数の温泉地や宿泊客なのにもかかわらず、温泉観光アドバイザーはまだまだ認知低い上に人手不足です。

上記で紹介した資格の活用以外にもいろいろな形で資格を活かすことができ、外国人観光客も年々増加しているので、これからもっと活躍の場が広がることでしょう。

日本に馴染みが深い温泉ですが、これだけ多くの温泉があることさえ、知らない方も多いと思います。

ましてや、その温泉の性質や効能を知ってる方もほんとに少ないと思うので、ぜひアドバイザーとして温泉を広めていきたいですね。
温泉観光 温泉観光

通信教育講座  通信教育講座