福祉資格

福祉資格人気ランキング

通信教育


現代では高齢社会といわれ、高齢者の方がこの先もどんどん増えていくといわれています。その際に福祉系に従事する方が少なくなり、多くの高齢者の手助けを行なう人が少なくなってしまうかもしれません。今のお仕事は順調にこの先も続けてもいいですが、もしものために福祉系の資格を取得しておきませんか?また、少子化とも言われていますね。保育園の待機児童のニュースには誰もが驚きました。今後新しい保育施設ができたとして、そこで働く人がいなければ作動しません。

これからの仕事に向けて、今から役立つ資格の学習をしておきませんか?これから役に立つであろう資格をランキングにしてみました!
 

1位 福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーとはその資格名の通り、福祉関係の場で心理学を生かし、カウンセリングできる方に認定される資格です。この資格を取得するには福祉についての知識だけでなく、心理学の知識も知っているべきですね。福祉の現場で働く方にはかなりおすすめの資格です。

講座名 諒設計アーキテクトラーニング

「福祉心理カウンセラーW資格取得講座」

受講料 59,800円
受講期間 6ヵ月(最短2ヵ月)
添削回数 5回
参考URL https://www.designlearn.co.jp/fukushijyuukankyo/

福祉についての知識や経験はあるけれど、福祉の現場に役立つ心理学を知らない方にはかなりおすすめの内容となっています。カウンセリングなんて普通に生きていたらすることはありませんよね。その場合でも大丈夫です。この講座なら働く福祉現場で使う心理学と共にカウンセリングについても学ぶことができます!

心理学ときくと難しく思っていしまうかもしれませんが、この講座では質疑応答無制限サービスもあるので分からないことがあったときはその都度、質問してみましょう!またスペシャル講座を受講すると、卒業課題を提出するという条件で講座修了と共に福祉心理カウンセラーの資格を取得できますよ♪

今現在、福祉関係で従事していて時間がない方でもご自身のペースに合わせて資格取得を目指せます!

2位 福祉心理アドバイザー

福祉心理アドバイザーとは、福祉における心理学についてよく理解しており、アドバイスできるくらいのレベルに達した人に認定される資格です。福祉関係で従事していて、後輩も抱えているときはきちんとした知識を知っていることで胸を張ってアドバイスできますね。
この講座を取得するには福祉関係の心理学について一定以上理解している必要があります。ご自身の仕事だけでなく、周りの方にアドバイスもできるくらいの知識を身につけておきたいものです。
この資格取得を目指すなら、1位の福祉心理カウンセラーと同じ諒設計アーキテクトラーニングの「福祉心理カウンセラーW資格取得講座」の通信講座がおすすめです。福祉に関する心理学やカウンセリングについても学ぶことができますし、スペシャル講座を受講修了すると福祉心理アドバイザーの資格が認定されるからです。講座は受講しても受験する時間を取れないかもという方は学習の流れで資格を取得するのも良いのではないでしょうか。

3位 介護福祉士

介護福祉士という言葉は聞きなれているのではないでしょうか。これは、国家試験に合格することで認定される資格です。1位や2位の福祉心理カウンセラーや福祉心理アドバイザーとは異なり、国家試験なのでより深く学習しておくことをおすすめします。
高齢者の方や体が不自由になってしまった方が生きやすくなるように生活面のサポートを行ないます。
介護福祉士になるには、専門学校や大学などで学ぶことで受験資格を得られます。しかし、例外として実務経験3年以上あり、実務者研修を行なった者も受験資格が認定されることになっています。アルバイトなどで介護のお仕事を3年以上すると学校に通わなくてもいいのですね。介護福祉士は国家試験なので、やはり学校で学習や実技を学ぶことをおすすめしていますが、実務経験があり自信のある方は独学で受験するのも良いでしょう。
学習は必ず繰り返し・復習を怠らないようにしましょう。また頭の中でイメージトレーニングするのも忘れずに。
どうしてもご自宅で介護福祉士の資格学習がしたい方には以下の通信講座がおすすめです。
この講座では3年以上福祉関係に従事していたものの、実技研修だけを行なっていない方には良いです。テキストで学ぶだけでなく、実技研修もあるので体験しながら学ぶことができます。DVDもあるので器具の使い方など動作を確認することもできます。福祉関係に従事したことのない方は専門学校等に進学されることをおすすめします。社会人コースといって1年で終わるものもあります。あなたに合う学校を探してくださいね!

4位 福祉住環境コーディネーター

高齢の方の住みやすい環境ときいてどのような空間を思い浮かべますか?この福祉住環境コーディネーターは、高齢者の方が不便なく元気に暮らしていける住まいづくりの提案を行なうことができる方に認定される資格です。バリアフリーなどはもちろんのこと、この住みやすい空間にするという知識はご自身のご自宅のリフォームの際などにも役立つでしょう。
この福祉住環境コーディネーターは1級~3級まであります。まずは2級、3級を目指してみませんか?住環境について詳しく学び、ぜひ検定を受けてみましょう。
この講座では住環境に関する基礎知識だけではなく、福祉関連の基礎知識も一緒に学ぶことができます。知識がゼロからでもスタートできる資格講座です。また、添削が6回もあるので一人で勉強している孤独感も感じにくいですし、ご自身の弱点をつぶしながら学習を進めることができますよ!

5位 社会福祉士

社会福祉士という資格名も3位の介護福祉士と同じようによく耳にしたことがあるのではないでしょうか。この社会福祉士も国家試験を通ることで資格が認定されます。介護施設などに預けず、家庭で介護を行なっている家庭ではちゃんとした介護が行なわれてないことがしばしばあります。それは、専門的知識が乏しいこと、誰にも相談できず悩んでしまっていることに原因があります。このような状況を打開するべくして社会福祉士があります。
この資格の試験に受験するには受験資格が設けられています。福祉系の学校、または大学や短大を卒業した方や社会福祉主事として養成機関に通学したこと、また相談援助実務の年数によってさまざまです。厚生労働大臣の指定する科目を履修し終えていればいいのですね。しかし、どの状況にいても試験を突破するには基礎的知識について十分に理解している必要があります。
今から専門学校や大学に通学するのは出来ない方におすすめの通信講座があります。
通信制の大学に入学して学習するというスタイルです。以上の表の受講料の欄には基本的な学費が記載されています。この学科では、ネット通信による動画の講義、テキストによる学習、1ヵ月に数回行われているスクリーン講義などがあり、理解を深めるには適しています。履修科目によって学費が変動するので公式ホームページで確認してみましょう。

6位 保育士

あなたも幼いころにお世話になったかもしれないですね。6位は保育士のランクインです。保育園で預かった子供の見守り、世話などを行ないます。体がしっかりしていない乳幼児も担当することもあるので、衛生面についても知っておく必要があります。保育士になるには、一般的にはその専門の大学や短大を卒業することで知られています。今から大学などに通うのは迷ってしまうというあなたにおすすめしたい通信講座があります!
保育士の試験の対策がばっちりできる講座です。DVDやイラスト付きのテキストなので楽しみながら身につけることができますよ。また、3年間は質問などが行なえるので気を張ることなく進められそうですね。
福祉心理カウンセラー 福祉心理カウンセラー

通信教育講座  通信教育講座