空間デザイン

空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

通信教育

ウィンドウショッピングや展覧会などに行った時に、同じものを出していても、見せ方1つで印象が全然違うというのを実感した事はないでしょうか。その時は漠然とこっちの方がいいなーぐらいに思ったかも知れませんが、その「いいなー」は空間ディスプレイデザイナーのお陰なのです。しかし実際に各店舗で商品の陳列をしている人が全員空間ディスプレイデザイナーの資格を持っているかというと、そうではないんです。会社の社員だったり、お店に雇われているアルバイトの人が自分の感覚やセンスによって商品を並べているのが現状です。もしそんな職場に空間ディスプレイデザイナーの資格を持った人が入社したらどうでしょう?一躍エースとして活躍でき、お店の雰囲気も一気に変わることでしょう。それだけ、商品の陳列や照明技術による空間ディスプレイは大事なのです。

空間ディプレイデザイナーとは、このように空間の見せ方を様々な知識と技術によって可能とする人のことで、一定水準以上のレベルに達している人を「日本デザインプランナー協会」が認定する資格のことです。

見せ方と一言で言っても、そこには例えばお店での商品陳列の知識やそれを実践する技術、色彩の演出効果を使った購買意欲を駆り立てるような演出や照明技術を使った効果的な商品の見せ方など、本当に様々です。

空間ディスプレイデザイナーへの道(勉強編)

まずは空間ディスプレイに必要な知識を学ぶ必要があります。これは勉強する方法は様々ですが、もっとも効率よく、かつ今の業務に支障の出ない範囲で勉強するなら通信教育が一番です。

通信教育であれば、勉強のために時間を作って、どこかに学びに行く必要もなく、時間と場所に縛られないで学ぶことができるのです。通信教育で申込を行い、必要な手続きをインターネット上で済ませると、後日教材が届きます。あとは自分の中で現職に影響の出ない範囲での勉強計画を立てて、その通り進めればいいのです。

通信教育によっては、卒業時の課題がそのまま資格試験と同等の内容になっており、卒業できれば即資格取得ということもできているようです。是非通信教育を選定する際には、そういったことも加味して学校を決めると良いでしょう。

空間ディスプレイデザイナーへの道(受験編)

既に空間デザインの仕事をしている人でも、独学のため自信がないという人もいるでしょう。そんな人はとりあえずは試験を受けてみると良いでしょう。いきなり試験を受ける場合は「日本デザインプランナー協会」のホームページにアクセスして、申込をしてみると良いでしょう。この試験は、どこか試験会場がある訳でもなく、試験時間が決まっている訳でもありません。全て在宅で可能なんです!!

年に6回決められた5日間はありますが、申込などは随時受付。あとはその決められた期間の初日までに問題用紙と解答用紙が自宅に送られてきます。そうしたら5日間の間に回答を行い、協会あてに返送すればいいのです。

空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

何となくお店のディスプレイを任されていたが、どうやったら良いのかはっきりと分からずこの試験の勉強を開始、資格が取れると、今までの悩みが吹っ飛び、全商品の陳列を任せてもらえるようになりました。
空間デザイン 空間デザイン

通信教育講座  通信教育講座