紅茶

紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

通信教育

紅茶はテーパックにお湯を淹れて飲みだけでなく、茶葉からこだわって淹れると奥が深い飲み物です。発祥は英国と言われていますが、元を辿るとお茶自体は中国発祥だそうです。ただ紅茶として出来上がったのは英国貴族で、お茶と砂糖を使って優雅に飲んでいたのが発祥らしいですね。確かに優雅に紅茶を飲む姿は英国貴族に似合うかもしれませんね。ただ、日本でも近年「アフタヌーンティー」などのお店が出店すると、デザートと一緒に紅茶を飲んだり、純粋に色んな種類の紅茶を飲み比べて楽しむ人が増えていっています。

紅茶も茶葉からこだわって厳選し、生産地や等級、製法など知れば知るほど奥が深い飲み物となっています。近年では特にカフェが多く出店しているため、こだわりを持ったお店や色んなお店で飲み歩いているお客さんなど舌が肥えた人が増えてきました。そこでこの資格です。紅茶アドバイザー。

紅茶アドバイザーとは?

紅茶アドバイザーとは、紅茶の茶葉の種類はもちろん、紅茶の淹れ方から製法、それぞれの紅茶の効能に至るまで様々な知識を必要とします。そしてそれらに関して一定水準以上の知識があることを認定するのが、日本安全食料料理協会です。紅茶アドバイザーは、紅茶に関する様々な認定試験がある中でも初心者向けの資格となっています。なのでまず興味のある人が、最初の取っ掛りとして通信教育などで学んだ上で取得することが多いですね。

この資格を取った後は、さらに深く追求したい時はもっと上級の資格を取得することを目指すのが良いでしょう。この資格を取っただけでは、趣味としての紅茶好きから、簡単なカルチャースクールでの講師や自宅での講師ができるようになります。

どうやって勉強したらいいの?

紅茶アドバイザーになるためにはどのように勉強したらもっとも効率的に学ぶことが出来るのでしょうか。それは教室や専門学校みたいなとこに行くより、通信教育などで知識をどんどん入れて、あとは自分で実践して確かめていくという方法が良いでしょう。なぜなら今学びたいと思っている人の大半は既に仕事をしていて、毎日忙しい人だからです。毎日忙しい中で更に学校に通おうとすると時間もないし、現実的に難しいと思います。なので自分のペースで自宅でじっくり学べる通信教育が最適なのです。現に紅茶アドバイザーになるための通信教育の講座はたくさん出回っています。その中でも「諒設計アーキテクトラーニング」の通信教育は日本安全食料料理協会とも提携していてとても良い通信教育の学校です。本校を卒業すると、その後の資格試験を免除して資格取得になるのです。つまり卒業証書=資格ということなのです。これは受ける側に取ってみれば受験料も払わなくていいし、受験の時間も省略できる素晴らしい制度です。

紅茶アドバイザー認定試験の口コミ評判は?

この試験を受けたことで、「自宅に友達を招待したときの紅茶を自分で淹れることでおもてなしができるようになった。」「一味違う紅茶を淹れることができるようになり、友人・知人に腕を披露することができるようになり、人に会う機会が増え人脈が広がった。」「この資格取得をキッカケに様々な紅茶の資格を取得しようと思った。」など、この資格をキッカケに生活が豊かになった人がたくさんいるようです。
紅茶 紅茶

通信教育講座  通信教育講座