紅茶

紅茶マイスター認定試験口コミ評判

通信教育

今、街中にオシャレなカフェが溢れています。ちょっとした空き時間にカフェで休憩した方も多いのではないでしょうか?もしカフェで飲んでいるものと同じ紅茶が家で飲めたらどうでしょう。カフェの落ち着いた雰囲気を家でも味わえたらどうだろうか。帰って寝るだけだった家がオアシスに早変わりしませんか?あの落ち着いた雰囲気や環境はどうやって作られているのだろうか。それができるのがまさに紅茶マイスターです。

紅茶マイスターは、紅茶に関して詳しいことはもちろん、紅茶カフェのオーナーとして必要なカフェの経営学やマーケティング学、お店の内装やメニューなどのプロヂュースの一連の事が一定水準以上できるようになった人を認定する資格です。

どうやって紅茶マイスターの勉強をしたらいいの?

まず紅茶マイスターになるには大きく2つのものを勉強する必要があります。

1つ目は、紅茶そのものです。紅茶マイスターを取得しようとする人は事前に勉強として紅茶アドバイザーの資格を取る方もいますし、今回の紅茶マイスターをいきなり取得しようとする人もいます。いずれにしても紅茶の茶葉の種類や各種の産地、淹れ方、それぞれが人の身体、精神面に与える効能やリラクゼーション効果を知っておく必要があります。紅茶の種類によっては、落ち着いたり、健康になったり、効能は様々なのです。それを知った上でカフェをオープンするときのメニューを考えたり、売り方を考えることができるのです。

2つ目は、カフェ経営についてです。カフェをオープンするには、経営学やマーケティングなどの専門的な知識が必要になったり、自分で経営するようになるということは事務的な会計の仕事も身に付ける必要があります。その辺は別の人を雇ってもいいかもしれませんが、一番はカフェの内装やメニューですね。どういう内装ならお客さんがたくさんくるのか?そもそもどういうコンセプトでお店を作っていくのかをしっかりと考えて、その土地のニーズに合ったお店を開くことが大切です。そういった総合的なことを考えて、実際にお店が開けるようになりたいですね。

このような色々な知識を一度に勉強するなら通信教育がベストです。通信教育なら特別に何処かの学校に行ったり、それのために会社を休んだりしなくていいのです。自宅に送られてくるので教材を使って、自分の空いた時間に勉強し、分からないことをメールで専属の先生に聞く、これの繰り返しなので勉強が完全に自分のペースでできるのです。中には最短2ヶ月でコースを卒業できる通信教育のプランもあるようなので、気になった人やカフェオーナーになりたい人は是非一度見てみると良いでしょう。

紅茶マイスターの資格はどうやったら取れるの?

紅茶マイスターは、日本安全食料料理協会が主催する認定資格に合格することが必要です。独学などで勉強した人は直接この協会のサイトから受験してみると良いと思います。この協会の受験は全て自宅で出来るようになっています。またこれから勉強するという方は通信教育を受けると、通信教育の中には卒業と同時に受験免除で資格が取れるものもあるようなので、そういうものも活用するのも良いでしょう。

紅茶マイスター認定試験口コミ評判

「資格が取れて、カフェで働いていますが、店長候補として昇格することができました。」とか「この資格をキッカケに夢が広がりました。」など資格がキッカケで夢に近づけるようになっているようです。
紅茶 紅茶

通信教育講座  通信教育講座