デッサンモデル

絵画インストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

絵画というと、専門学校や芸術系の大学を出てないと描くのが難しいというイメージがありますが、実は専門的な知識を集中的に学べばあまり時間を掛けなくても描けるようになるのです。そう聞くとちょっと書いてみたいと思いませんか?ただ自分にはセンスがないからとか、今まで絵を上手描けたことがないと思って諦めている人も多いでしょう。そんな人も心の奥では絵描きが上手くなりたいとおもっていませんか?実は通信教育を使えば最短たった2ヶ月で絵画が描けるようになるだけでなく、それを人に教えることのできるインストラクターの資格を取得することができるのです。

絵画インストラクターとは?

では人に教えることのできる絵画インストラクターとは、具体的にはどんな職に就けるのでしょうか?インストラクターというぐらいですから、自宅やカルチャースクールで講師として絵画を教えることができたり、場合によっては各企業や学校などに呼ばれて講師として活躍できることもあるようです。

資格を取ったあとはその人の活動次第で、活躍の場は無限大です。もちろん中には特別な職に就かずサラリーマンやOLとして会社で働いている人もいますが、そういった人でも何かのときに自分の絵をアピールして評価に繋げたり、気分転換で絵を書いてみたりと、絵を使った生活の豊かさは養えていると思います。

どうやった絵画インストラクターになれるの?

既に絵画に対する知識を持っていて、道具に対しても一定水準以上把握している人は、直接「日本インストラクター協会」が主催する絵画インストラクターの資格試験に申し込むと良いでしょう。受験資格は特にないので誰でも受験可能です。しかもこの試験はインターネットがあればどこにいても受験可能なのです。問題用紙や解答用紙が家に届き、自宅で回答して返送するだけなのです。その手軽さ故人気の資格なのです。試験自体は、年に6回チャンスがあります。その6回の中で5日間の試験機関があるので、自宅でゆっくり自分のペースで試験に臨むことができるので、そのために仕事を休んだり、家族を犠牲にして家族サービスの時間を削ったりしなくて良いのです。あくまで自分のペースで決められた5日間の中で試験に取り組目ば良いのです。しかも受験料は税込1万円と他の試験に比べたらリーズナブルで何度でも受験可能なのです。

また絵画に対してあまり知識のない人が、まず通信教育で勉強することをお勧めします。しかも通信教育の中には、絵画を書くときに必要な道具一式も勉強教材として送ってくれるところもあるようなので、一から自分で道具を揃えて勉強しようと思っている人には、嬉しい特典かもしれませんね。また通信教育であれば、あえて時間を作ってどこかに通う必要もありません。自分のペースでじっくり勉強し、分からないことは都度通信教育の先生に聞けば的確に答えてくれるので、周りの目を気にせずどんどん質問して納得して勉強をすることができるのです。

絵画インストラクター認定試験口コミ評判

「実際にインストラクターにはならなかったが、会社でプレゼンをするときに、相手を惹きつけるツールの一つとして資料に手書きの絵を付けたところ、それがプレゼン相手の印象に残って選ばれたことがありました。絵画は1ポイントとして会社のちょっとしたところにも使えるんだと初めて実感しました。」というように実際にインストラクターにならなくても、その資格を十分に生かしている人も多くいます。
デッサン デッサン

通信教育講座  通信教育講座