食育

食育資格人気ランキング

通信教育

食育とは、食べる事や料理を作る事、食に関するすべての事などを統合した資格で、 国家資格ではなく民間の資格ではありますが、学んだりアドバイザーとなる事で体の健康作りに役立ちます。 食に関する資格で有名なのは、国家資格の栄養士や管理栄養士などが主流ですが国家資格ではない 「食育資格」でも十分メリットがあって国家資格と同様に人気があります。 そんな資格の人気ランキングをご紹介いたします。参考にどうぞ!

1位 食育健康アドバイザー

日本安全食料料理協会が行なっている認定試験で、 食育基本法や生活習慣病との関連性などの知識がある事を証明する試験です。 受講料は1万円と高めですが、在宅で受験ができ合格すると講師が出来る事から人気があります。
また、資格の合格ラインは70%ですが取得しやすい資格として注目されていて、 栄養士などの国家資格と変わらない内容の資格ですので、 認知度が高まっている事から就職や求人でも注目されています。

2位 管理健康栄養インストラクター

日本インストラクター協会が主催している認定試験で 食材の各栄養素を含む知識と食品表示の味方など理解ができている事を証明する試験です。 栄養知識が身に着くのと2ヶ月に1回と気軽に試験も受けれるので人気があります。
また、自宅受験での試験なので育児中などでも取得でき注目されています。 資格を取得後は自宅で料理教室を開いたり、カルチャースクールの講師活動も行う事も可能です。

3位 食育インストラクター

NPO日本食育インストラクター協会で行われている認定試験で、 1級から4級とプライマリーの5段階に分かれている資格です。 研修や講習なども受ける事ができ、「食育」の基礎を学んで指導者の資格を取る事ができ 自分にあった資格を取れるので人気があります。

食育インストラクターの注意点は、1級から3級の資格を取るには栄養士などの国家資格を持っていたり、 国家資格ではないプライマリーの資格や4級を持ってないと受験が出来ません。 食育の基本を知ったり自分のペースで勉強したい人にオススメです。

4位 食育アドバイザー

日本能力開発推進協会が実施している認定試験で、 子供からご年配まで幅広い「食」のサポートができる資格です。 実務経験や学歴など関係なく誰でも資格を取れるチャンスがあります。 独自のカリキュラムなどがある講座では、最短で3ヶ月で習得出来たりと 頑張り次第で短期間に取得できるメリットのある資格なので注目されています。

5位 食育メニュープランナー

NPO法人みんなの食育が認定する資格で、 食に関する意識・食事に関する知識・食育に関する認識を習得できます。 家庭での食卓のメニューだけではなく、学校や介護施設・病院や飲食店などの的確なメニューを提供していけます。 職業訓練法人日本技能教育開発センターも協力しているので取得出来やすい資格でオススメです。

また、「みんなの食育」が主催している通信講座やセミナーを受講して基準点をクリアすると、 資格を修得できますが、他の資格に比べると認知度はまだまだですがスキルアップに役立ちます。

マメ知識

「アドバイザー」と「インストラクター」の違いは、 アドバイザーでは食に関する安全性や栄養学・消化吸収の仕組み・食育活動の基礎知識などを学んで資格を取る事で、 インストラクターは、アドバイザーの内容の他に食生活のマナーや食料自給率など幅広い食育を学んで資格を修得する違いがあります。 またインストラクターは学ぶ段階があるので、じっくり食を学んでいく事が出来ます。

まとめ

「食」に関する資格のランキングをご紹介致しました。 ご紹介した資格は、インストラクターやアドバイザーと健康や管理など様々に分かれていますが、 どの資格も「食育」に関する事で内容的にはほぼ同じです。 資格取得後に講師をするのか、職場や家庭内で資格を活かすのかなど状況に応じて受講する事をオススメします。

また、自分の学ぶペースでどの資格を取るか判断も出来ますので、自分にあった方法で資格を取る事もオススメです。
食育 食育

通信教育講座  通信教育講座