cad

CADデザインマスター認定試験口コミ評判

通信教育

CADデザイナーとはどんなことをする人のことか?
CADとは、コンピューターを使ってものの設計をする人のことです。何かを作るときにいきなり作成し始めると、失敗したときに一からやり直しになりますが、事前に設計図に起こしてどんなものができるか具体的にイメージできれば、失敗する可能性も極端に少なくなることが期待できます。
そうするためにはCADを使います。CADは設計図を書くためのコンピューターのツールのことです。
最近ではコンピューターグラフィックスの技術が進化して今まで二次元でしか表現できなかったものが三次元で表せるようになったり、動きをつけて表現できるようになりました。

CADデザイナーとは?

CADを使って様々な設計をする人のことをCADデザイナーと言います。CADデザイナーに求められる技術は、頭の中にあるものを如何に正確に忠実に再現できるかどうかです。その手法や表現方法はデザイナーの腕次第。二次元で昔ながらの方法で表現方法するも良し、最新技術を駆使して三次元で表現するも良し。CADの技術は日進月歩です。この資格を一度取得したからと言って安心してはいけません。常に新しい技術を探究して磨き続けることで有資格の意味があるのです。
この資格を取ると製造系の会社などで活躍すること間違いなし!会社にお勤めの方でCADの資格を取るように言われている人も多いはず。

CADデザインマスターにはどうやってなればいいの?

CADは既にある程度技術を持っている人であればすぐに取得できるでしょう。その際は、日本デザインプランナー協会ホームページにアクセスして受験の申し込みを行います。そうすると試験期間に問題用紙と回答用紙が自宅に送られてくるので、5日間の間にその問題を解いて返送するだけです。あとは結果が出るのを待ちましょう。この試験は受験はこれだけなのです。試験会場に行くとか1日試験に費やす必要がないのです。その為、時間や場所に縛られず国内に住んでる人であれば誰でも受験のする事が可能です。地方に住んでて近くで試験をやっている所がないから諦めていた人や仕事が忙しくて取りたくても取りに行けなかった人もこれで安心ですね。

またまだCADが何かから分かってない人や多少は分かるけど、受験のするまでは知識がないという人は、まず通信教育から始めてみましょう。通信教育も学校によっては卒業課題をクリアするとそのまま資格取得が認められるところもあるようなので、そういったポイントで通信教育を選ぶと一石二鳥になるかもしれませんね。通院教育の良いところは協会の試験と同様に全て自宅で完結するところです。勉強する場所や時間を選ばず、自分の好きな時に学べて、不明な点は個別に先生に聞けるので自分のペースで勉強が進められます。周りのペースに合わせて無駄な時間使ったり、先生に聞きそびれて不明なまま先に進むということはなくなります。全てをしっかりと勉強した上で資格を取得しましょう。

資格の口コミ評判は?

CADの資格は、会社からは早く取るように言われるが実際に仕事が忙しくて取りに行く時間がないという人は多いようです。そういう方にこの試験は大変喜ばれています。「仕事でCADを使っていたので受験だけでしたが、自宅で深夜に受ける事ができて、簡単に取得できました」とか「前々から取得したいと思っていましたが、時間を取る事が出来なかったのとしっかり勉強する時間もなかった。通信教育に出会ってその両方が解決しました。今は資格を使って会社で大活躍!!」という形で試験の仕方に対する評判は良いようです。
忙しいアナタも是非この試験を受けて会社での評判を上げてみてはいかがですか?
CAD 建築模型・住宅模型

通信教育講座  通信教育講座