pop広告ライター

POPデザイナー認定試験口コミ評判

通信教育

POPというと、様々なお店を彩る店員の工夫が垣間見える部分です。某ディスカウントショップでは所狭しとPOPが貼られていて、来店した人の購買意欲を掻き立てるようにお店の人のお勧めポイントが見やすく、分かりやすく記されています。また某書店に行けば、今人気の本が何でどんな年齢層に支持されているのか。どんなあらすじなのかが分かるようになっていて、POPを見ただけで読みたくなるようになっていますよね。そのPOPをデザインする人がPOPデザイナーです。

ただPOPを作成している人みんながPOPデザイナーの資格を有している訳ではありません。手が器用で、良い言葉が書ける人が作成しているのが現状です。その為、店舗を有している各社がPOPデザイナーを欲しています。通常の人でも書けるPOPですが、資格を有していることでより購買意欲をそそるPOPや、アピールしたいことを的確に表現できるPOPを作成し、より業績アップのに貢献できるからです。しかも今はお客様も常にカメラを持ち歩いている時代。POP1つでも誰かが写真に取りSNSなどで拡散してくれたら、すぐ話題になり売上に貢献できることでしょう。

POPデザイナーになるためには?

POPデザイナーにはデザインに関する知識やセンス、配色やレイアウトなど、POPを置く場所、状況にあったものを作成するスキルが求められます。その為には講習を受けるのが最も早いですが今働き盛りの人や様々な理由で家から出れない人によっては講習を受けに行く暇がないでしょう。そういう人には通信講座や通信教育が最適です。通信であれば、時間や場所に縛られることなく自分の好きな時に自分のペースで勉強して知識を身に付けることができます。通信教育の中には卒業と同時に資格取得ができるものもあるため、もし通信教育で勉強するならそういった点も考慮して通信教育先を選ぶといいでしょう。

どうやって試験を受けたらいいの?

資格取得において、どこで試験がやっているのかとか、どこで試験がやっているのかは気になるとことですね。場所によっては地方在住者は受けることすらできない場合もありますし。ただ今回のPOPデザイナー認定試験に関しては、日本デザインプランナー協会が主催しているものなので、それらは気にする必要はありません。なぜなら全て家にいながらにして受けることが出来るからです!受けるためには日本デザインプランナー協会のホームページにアクセスして申し込みを行い、その後届く問題用紙と解答用紙を確認し、規定の5日間で問題を解いて協会に返送するだけなのです。荷物の届く国内にいればどこでも受験可能です。しかも受験期間も5日間と幅があるため仕事で忙しい人でも帰宅後のちょっとした時間で問題を解くことができるので時間も気にしなくて良いのです。また受験資格はないので、何度でも受験可能です。

デザイナー認定試験の口コミ評判は?

受験の仕方などが分かったところで、本当に役に立つの?という疑問が出そうですが、この資格は履歴書に書けるのです。資格を持っている時点で普通の就活生、転職活動をしている人より頭一つ上に出ることができるので、それだけでも役に立つと思います。もちろん仕事を始めてからも自分の得意分野で働ける可能性は格段に増えるでしょう。

興味がありましたら一度受験してみては如何でしょうか。
POP広告 POP広告

通信教育講座  通信教育講座