pop広告ライター

POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

通信教育

POPライターインストラクターを話す前に、POPライターとは何か。

POPライターとは、今様々な店舗で商品を販売していますが、その商品をただ置いただけではお客さんは手に取って商品を見る事は少ないでしょう。しかしそこに購買意欲をそそる言葉が添えてあったらどうでしょう。人はその言葉に目を奪われてそのまま商品を手に取るのではないでしょうか。その購買意欲をそそる言葉こそPOPです。そしてどんな言葉なら購買意欲をそそるのか、お客さんが買いたくなるのかを考えて言葉を選ぶ人、書く人をPOPライターといいます。

通常POPライターは一社員が店作りの一環として行なっており、専門の資格を持った人がやる事はあまりありません。しかし、POPライターの重要性は各店舗で認識しています。なので、入社してくる人材がこの資格を持っていると採用で有利になる事は間違いないでしょう。

さらに今回の資格はライターを育てるインストラクターの技術を持っている人を認定する資格です。欲しい人材を育ててくれる人とあっては会社もほっとかないでしょう。

POPライターインストラクターとは?

インストラクターと付いている以上、人に教える職業です。そしてPOPライターインストラクターとは、POPライターの技術を人に教え、人材を育てる人のことですね。この資格を取ることで各企業やカルチャースクールから講師としての依頼を受けることができるようになります。これを副業として小遣い稼ぎをしている人や、本業として生計を立てている人もいます。いろんな人に教えることで自分自身も新たな発見ができ、技術を向上させることができるので、インストラクターを続ける上での好循環が生まれます。

どうやったらPOPライターインストラクターになれるの?

この資格を取得するためには、ある程度勉強する必要があります。

勉強とは、もちろんPOPライターとしての技術を身につけることと、それを人に教える技術です。POPライターとしての技術とは、どうやったら購買意欲をそそるPOPがかけるのか、言葉や色彩、文字の大きさなど見た目でわかる情報全てです。今はお客さんも新しいものがあるのが当たり前の世の中です。常に時代とともに新しいものを考えて生み出す技術を身に付けなければいけません。

インストラクターとしての技術とは、人にものを教える技術です。どう伝えたら理解してくれるか、理解し易い教え方は何かを考えて実践出来る人です。

これら2つを兼ね備えた人がこの資格を取得出来るのです。

認定試験の口コミ評判は?

認定試験は全て自宅で出来るのでとても良い評判を聞きます。「忙しい私でも合格できた」とか、「毎日残業続きで、スキルアップなんて無理だと思っていましたが、通信教育と自宅での試験で、スキルアップが出来ました。」など、忙しかったり、子育てで家から出られない人にでも、まだまだ能力を向上させる機会を与えてくれるこの資格は、今の時代にぴったりです。

仕事や家庭で忙しくてスキルアップを諦めている人の中には、通勤中などで少しは携帯を見る機会のある人もいるでしょう?そういう人はその時間をかけ有効活用して、スキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。
POP広告 POP広告

通信教育講座  通信教育講座