人気ランキング

アイリッシュウイスキーおすすめベスト5!

ウイスキー

アイルランドで製造される穀物が主原料のウイスキーがアイリッシュウイスキーです。歴史的には一番古いとされ、一時期は世界市場シェアの60%を占めていたこともあったのですが、時代々の事情でそのシェアを失ってしまいました。ただ最近、その再興の動きが見られ、各地で新規蒸留所建設があったり、携わる企業の動きも活発になってきています。近い将来、日本にもその波が来ることを願って、スペシャルな5本を紹介しましょう。

 

1111
ジェイムソン

世界で一番売れているアイリッシュウイスキーです。シェリー樽で熟成し、バーボン樽で風味のバランスを整え、伝統の3回蒸留方式で、豊かな風味と香ばしいナッツやバニラ香味のなめらかな口当たりに仕上がっています。また、ジェイムソンをカクテルベースに使うことで、隠れた魅力を引き出すこともできます。

2222
ブッシュミルズ ブラックブッシュ

1608年創業で、稼働中の蒸留所では最古と言われるブッシュミルズ蒸留所で造られる伝統的なウイスキーです。伝統的な3回蒸留製法とノンピート麦芽を使用することで、熟した果実のようなスパイシーでフローラルな味わいとなっています。輸入元のアサヒビール(株)は、2015年10月1日から『ブッシュミルズ』『ブッシュミルズ ブラックブッシュ』『ブッシュミルズ シングルモルト10年』『ブッシュミルズ シングルモルト16年』の4アイテムを日本全国で新発売いたします。

3333
キルベガン

アイルランド・ウエストミール州キルベガン町のブロズナ川沿いにあるキルベガン蒸留所(現在はビーム・サントリー所有)で造られるアイリッシュウイスキーです。アイリッシュの伝統的蒸留方式(3回蒸留)ではなく、スコッチと同様の2回蒸留で製造されるブレンデッド・ウイスキーです。国内では家庭用として人気があり、特有のモルティさはあるが、柑橘系の香りで、ライト&スムーズな飲み口です。

4444
タラモア・デュー

元々はアイルランド・オッファリー州の州都タラモアのタラモア・デュー蒸留所で製造していたのですが、現在はミドルトン蒸留所(ジェイムソンと同様)で造られています。バーボン樽とシェリー樽で12~15年熟成し、原料である大麦の穏やかな風味とほのかなシェリーの甘さが口の中で長い余韻を感じさせてくれます。アルコールの刺すような刺激が弱く、滑らかでやわらかい飲み口が専門家にも高く評価されています。ストレートかロックで飲んで欲しいウイスキーです。

5555
ティーリング シングルモルト

アイルランド・ダブリンにあるティーリングウイスキー社のシングルモルトウイスキーです。5種類の樽で熟成したモルトを混成し、またひとつの樽に入れるという、とても手間のかかる造り方をしています。香り、味、スパイスが絶妙なバランスでミックスされていて、これに樽のタンニンがうまく調和されています。社長:ジョン・ティーリング氏がハーバードで研究した拘りなのでしょう。

通信教育講座  通信教育講座