ワインソムリエ

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ワイン

ワインコンシェルジュというと、ワインについて詳しい人です。ワインに詳しい人は、バーに行ったりワインの出るレストランでちょっとカッコよく見えちゃいますね。何年物のワインがどうとか、産地がどうというのは知っていて少し語れるのは一度は憧れますね。デキるオトコの必需品と言えるでしょう。また女性もワイン好きと言うとそれだけでセレブな感じがしますね。

ただワインってみんなどこで勉強しているのでしょうか?家で何本もワインを飲めるほど買うのも大変ですし、どうするか難しいですね。

ワインコンシェルジュとは?

ワインコンシェルジュは、日本安全食料料理協会が一定水準以上のワインの知識のある人を認定する資格です。この資格を持っていると酒造業界や飲食業界で、ワインのプロとして活躍する事ができるようになります。また自宅やカルチャースクールでワインの講師として活躍する事ができます。

ワインコンシェルジュになるためには?

ワインコンシェルジュになるためには、ワインについて詳しくならなければいけません。でもいきなり詳しくなんてムリ!!ってい人は、専門学校とかで勉強するのもいいでしょう。だが社会人になっている人にはそんな時間もない。なので、そんな時は通信教育を受講するのが一番でしょう。通信教育ならどんなに忙しくても自分のペースで勉強ができ、疑問点はすぐにメールで専属の先生に聞いて解決することができます。通信教育の良いところはやはり、全てのことが場所を限定せず、どこでも出来ることである。自宅や静かなカフェ、通勤の電車の中など。好きな所で自分のペースで勉強できるので、継続でき、資格取得にも近づけます。しかも通信教育によっては、講義を卒業するのと同時に試験を免除して資格取得ができるコースもあるので、そう言う、講義を選んで勉強すると試験をえける手間が省けて楽できます。

また既にある程度ワインについて詳しい人や酒造業界で働いてる人は、いきなり試験を受ける事もできます。まず、日本安全食料料理協会のサイトにアクセスして、受験の申し込みをしましょう。そうすれば自宅に問題用紙と解答用紙が送られてきます。規定の5日間で問題を解き、解答用紙を協会に返送すれば完了です。試験資格は特にないので、誰でも受けることができます。自信のある人は是非、受けてみて下さい。

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判は?

「ワインを扱う仕事をしていますが、この資格を取得したことで今まで以上に自信を持って仕事ができるようになりました。」とか「ワインについて詳しくなりたいと思っていましたが、どう勉強したらいいか分からず悩んでいました。そんな時にこの資格と通信教育のことを知り、勉強させていただきました。今は資格もとれて自信を持ってワインについて語れるようになりました。」とか「この資格や通信教育は受講するのにわざわざ会社を休まなくていいので会社には黙って勉強っすることができました。趣味の一環として勉強したくて取り組みましたが、合格するまでは周りに言いづらくて、これならちょうど良かったです。」など勉強する人は、事情は様々ですがみんな期待通りの成果が得られたとのことです。
ワインソムリエ ワインソムリエ

通信教育講座  通信教育講座