お菓子

お菓子資格人気ランキング

役立ち

最近では、洋菓子店やケーキ屋さんのみならず、コンビニでもおいしいスイーツを購入することが出来るようになっています。そのことによって、若い女性を中心にスイーツは非常に身近なものとなりました。そんなスイーツを自分で作ることが出来ればこの上ないですよね。そこで、スイーツやお菓子に関する資格について紹介していきたいと思います。

1位 製菓アドバイザー

製菓アドバイザーとは、主に洋菓子に関する知識を身に付けている人が取得することが出来る資格です。洋菓子に使われる卵やバター、チョコレートをはじめとして、様々な材料について、種類の選び方や、それぞれの材料の特徴をしっかりとつかむことで、食材の良さを生かした洋菓子作りが出来ることが資格の取得条件となります。製菓アドバイザーの資格を取得する学習の際に、洋菓子の作り方を体得出来、資格を取得したのちには、自宅やスクールで講師活動を行えるようになり、仕事にもつながります。

2位 お菓子作りインストラクター

お菓子作りインストラクタ―は、日本インストラクター協会によって制定された資格であり、洋菓子を作る際に必要な様々な知識を取得している人が認定される資格です。お菓子作りに用いるはかりや泡だて器などの道具やオーブンなどの機器の使用方法をしっかりと理解しており、適切に使用することが出来る人がこの資格を取得できます。また、濃度や糖度などお菓子に関する専門的な用語に関する知識をしっかりと身に付けてる必要があります。そのため、科学的にもお菓子作りに関して一定の知識を持っていることの証にもなります。資格を取得したのちには、自宅やスクールにて講師活動を行うことが出来ます。

3位 スウィーツ・スペシャリスト

スウィーツ・スペシャリストとは、スイーツに関する本格的な知識と実践的な技能の両方を身に付けた人に与えられる資格です。お菓子作りの基礎から、ケーキなどの記事や用途多様な生クリームの作り方、さらにはスイーツには必須なデコレーションの知識を身に付けることが出来ます。スウィーツ・スペシャリストの資格を取得することで、洋菓子店を開業したり、お菓子作り教室を開催することをはじめとして、パティシエなど、洋菓子界のプロとして活躍する第一歩になる資格です。初心者の人でも通信講座などで学習することで、比較的取得しやすい資格になっています。

4位 スイーツコンシェルジュ

スイーツコンシェルジュとは、日本スイーツ協会が主催しているスイーツコンシェルジュ検定ベーシックに合格して、協会に登録することで取得することが出来る資格です。スイーツをベースとして、幅広い豊かな食文化を提案することが出来る人をスイーツコンシェルジュといいます。それぞれの食材の特性をしっかりとつかみ、素材に関する知識を有する事で、お菓子作りにも役立ちます。世界各国のスイーツの種類や分類も学習し、スイーツレシピのレパートリーを広げることが出来るのが魅力的です。

5位 菓子製造技能士

菓子製造技能士とは、技能検定に合格することで菓子製造業者が取得できる国家資格です。菓子製造技能士を受験するためには、一定年数の実務経験が必要となるため、誰でも取得できるわけではありません。また、菓子製造技能士には1級と2級があり、菓子製造業に従事している人にとっては、実務経験を積むうえで取得しておきたい資格です。専門性の高い資格なので、気軽に受験できるものではありませんが、取得すれば大きな武器になります。

6位 製菓衛生士

製菓衛生士は、製菓製造業で働く人々の資質の向上や衛生面での管理に関わる資格です。菓子製造技能士と同様に国家資格です。製菓衛生士の試験の大きな特徴は、資格取得試験が各都道府県ごとに実施されているということです。この資格も資格試験を受けるためには、指定の製菓衛生士養成施設にて1年以上製菓衛生士として必要な知識や技能を取得するか、2年以上製菓製造業に従事する必要があります。こちらの資格も一般的には気軽に受けられるものではありませんが、持っていると大きな武器になります。
お菓子資格 お菓子資格