ぬか漬け

ぬか漬け資格人気ランキング

役立ち

日本の伝統的な食べ物の1つに漬物があります。漬物はご飯との相性が非常によく、漬物だけでご飯を食べることも可能な便利な食材です。なかでも、ぬか漬けは自宅で簡単に作ることが出来るので、人気が高い漬物です。今回は、ぬか漬けに関する資格をランキングにしてみました。

1位 ぬか漬けソムリエ

ぬか漬けソムリエは、日本安全食料料理協会が発行している資格で、古くから日本に伝わるぬか漬けの歴史やぬか漬けを作る際に適している容器、ぬか漬けの味を決めるぬか床に使う材料、上手なぬか漬けの作り方、ぬか漬けづくりにとって重要なぬか漬けの塩分量、ぬか床を長期間使わない時の保存方法、ぬか床のお手入れ方法やぬか漬けの栄養効果など、ぬかずけに関する多岐にわたる知識をしっかりと習得している人に与えられる資格です。ぬか漬け作りは失敗してしまうこともあります。失敗を防ぐために、ぬか床に必要以上の水分が存在している時の対処法やぬか床が変色してしまったときの原因と対処法、ぬか床にカビが生えてしまう原因と対処法、ぬか漬けに含まれている乳酸菌の種類屋ぬか漬けの植物性乳酸菌の効果など、ぬか漬けに関する応用的な知識や実践的な技能を持っているのがぬか漬けソムリエです。これらの要件を満たし、在宅受験に合格するとぬか漬けソムリエとして活動することが出来ます。日本が紡いできたぬか漬けの歴史をしっかりと伝承し、多くの人にぬか漬けを楽しんでもらえるようにすることが、ぬか漬けソムリエの役割です。

2位 健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター

健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターは、日本インストラクター協会が発行している資格で、ぬか漬けに期待される健康効果や美容効果などのぬか漬けの利点や、ぬか漬けに合う野菜やぬか漬けにするとおいしい食材など、ぬか漬けの材料に関する知識、さらには、フルーツのぬか漬けやぬか漬けのリメイクレシピなど、実践的で応用的なぬか漬けの知識まで幅広く有している人に与えられる資格です。一般的なぬか漬けの材料である、白菜やキュウリ、ニンジンや大根、かぶに加えて、トマトやオクラ、ゴーヤやセロリなど一風変わった食材のぬか漬けに関する知識も必要とされます。さらに、鯖やチーズ、鶏肉や果物など、従来の野菜のぬか漬けだけでなく、最近人気が出てきた食材のぬか漬けもしっかりと作れることが求められます。健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターの資格を持っている人は、それぞれのぬか漬けの栄養や効果、作り方や付ける時間の目安などの知識を持っていることが証明されるので、資格を取得することで、自宅やカルチャースクールなどで、講師としてぬか漬けに関する講義やレクチャーを行うことが出来ます。最近は、ぬか漬けの人気も高まっているので、仕事にもつながる資格といえます。

3位 ぬか漬けマイスター認定試験

ぬか漬けマイスター認定試験は、ネット上で気軽に受けることのできる認定試験です。一般に認定試験というと試験会場や自宅にて、試験問題を解き、合格基準に達していれば資格認定をもらえるものです。しかし、ぬか漬けマイスター認定試験は、手軽にいつでもどこでもインターネット上で試験を受けることが出来ます。ぬか漬けマイスター認定試験は全問正解しないと合格にはなりません。インターネット上にて、試験問題に解答して、全問正解した場合のみ、認定証が送られるシステムになっています。ぬか漬けマイスター認定試験の問題数は全部で15問です。すべて4択の選択問題になっており、難易度もそこまで高くありません。受験資格も特になく、何度でも試験を受けることが出来るので、非常に取得しやすい資格であるといえます。そのため、ぬか漬けマイスター認定試験に合格したからと言って、簡単に仕事に結びつくわけではありません。しかしながら、ぬか漬けマイスター認定試験を受験することで、ぬか漬けに関する非常に基礎的な知識を得ることが出来ます。ぬか漬けに関しての知識を深めたい人はまず受験してみるといいでしょう。
ぬか漬け資格 ぬか漬け資格