塩

塩資格人気ランキング

役立ち, 生活

塩は万国共通の調味料で、塩の使い道は多種多様です。日本でも、塩は多くの料理に使用されており、塩を口にしない日はほとんどありません。塩は万能な調味料であるだけでなく、体に塗って美容目的で使うことも出来ます。そんな使用用途がたくさんある塩に関する資格を紹介していきたいと思います。

1位 美塩ソムリエ

美塩ソムリエは、日本安全食料料理協会が発行している資格で、塩に関する様々な知識を有している人が手に入れることが出来る資格です。塩の歴史や製法から始まって、塩の種類や特徴、梅干しや漬物などの塩を使った特産品、さらには、様々な塩の利用方法などの知識も必要です。また、人間に必要な塩分や体内の浸透圧の関係であったり、人間の健康維持のために必要な塩分量などの専門的な知識を持っているのが美塩ソムリエです。美塩ソムリエの資格を取得すれば、飲食関係や料理に関わる仕事に生かすことが出来ます。受験資格は特になく、誰でも受験出来、取得することのできる資格です。

2位 食塩アドバイザー

食塩アドバイザーは、日本インストラクター協会が発行している資格で、塩を使う料理の特徴であったり、減塩食品の食塩含有量の基準や規格などをはじめとして、食品の成分表示をもとに含有食塩量を調べる方法や、食品表示や賞味期限など、食塩や食塩を含む食品に関する知識を幅広く有していることが必要となります。塩に含まれるグルテンや、麺やパン類に含まれる塩分の関係、さらには、肉や魚の加工方法や塩を使った調味料の種類など、食塩に関する知識をくまなく取得していて、なおかつ、実践で使用できるレベルの知識を持っているのが食塩アドバイザーです。食塩アドバイザーの資格は、塩の性質を活かした食材の保存方法や、食べる以外の塩の利用方法などの地思惟を持っている証明にもなり、食品に関わる仕事やカルチャースクールの講師として活動することも可能です。

3位 ソルトマイスター

ソルトマイスターは、日本ソルトマイスター協会が発行している資格で、プロフェッショナルソルトマイスターとソルトマイスター、ソルトベーシッククラスに分類されます。プロフェッショナルソルトマイスターは、日本ソルトマイスター協会が、食塩の作り手や食塩の使い手から独自の基準で選出した、選ばれしもののみが取得できる資格です。また、ソルトマイスターはプロフェッショナルソルトマイスターのもとで経験を積むことで取得できます。ソルトベーシッククラスは、一般に誰でも取得することが出来る資格で、講座を受講することで、塩に関する知識を取得し、塩のプロフェッショナルとしての第一歩を踏み出すための資格になります。

4位 塩マイスター

塩マイスターは、日本塩ソムリエ協会によって発行されている資格で、地域ごとに開催される2日間の塩ソムリエ検定講座を受けることで取得できます。塩ソムリエ検定講座は、沖縄での実地研修も行われるので、行くチャンスでもあります。塩ソムリエ検定講座を開催することが出来る技能を取得することを目的としています。塩を用いて健康的な生活を送れるようにすることが大きな目的であり、ソルト医学や塩を使った食品を取り扱う食品学、さらには、アロマテラピーなど、塩の持っている効能を最大限に生かすことが出来る必要があります。検定講座にかかる費用が85000円と高いのがネックですが、取得して損はない資格です。

5位 塩ソムリエ

塩ソムリエは、日本塩ソムリエ協会によって発行されている資格で、塩に関する歴史や用途に合った塩選びのポイント、塩の製法や種類に関する知識、暮らしの中での塩の活用方法、美容と健康に塩が与える影響などの総合的な塩に関する知識を取得した後に、試験を受け、論文を提出することで取得可能な資格です。塩ソムリエは1日の塩ソムリエ検定講座を受ける必要がありますが、塩ソムリエの資格を取得した後には、協会の認定を受けた塩ソムリエとして、ソルトバンク事業に登録が可能になり、塩ソムリエの店を開店できるなど、仕事に生かすことが可能な資格です。
塩資格 塩資格