人気ランキング

デートで使えるレストラン ベスト5!【東京】

役立ち

今回は、大人のデート・ディナーをイメージし、ちょっとお値段は張りますが、オーナーシェフが料理しているお店をピックアップしました。その価値があるディナーを味わいながら、楽しいひとときをお過ごしください。無論、お二人はリピーターとなるはずです。

1111
アロマフレスカ(銀座)イタリア料理

店名「アロマフレスカ」は、イタリア語で「フレッシュな香り」という意味です。料理の立ち上る香りを意識してつくるというオーナーシェフ原田慎次氏の料理は、盛り付け、香り、味わい、すべてが絶品です。350種類のワインが揃っているのも魅力的で、事前に選んでおいてもらうのがベストと思います。落ち着いたベージュ色の店内は、まさに大人のムードで、女性をエスコートしてのディナーという感じです。

2222
フロリレージュ(青山)フランス料理

躍動感のある流行っているという雰囲気が伝わってくるお店です。オープンキッチンとなってますので、それを見ているだけでも話題に事欠くことはありません。ディナー・メニューは、コース1種のみで、一皿ずつ川手寛康シェフのメッセージが込められた13品で構成されています。もちろんフレンチなんですが、その内容は、茶碗蒸しあり、パスタありといろいろな出会いがあります。香りや温度、感触や感性など、今までにない体験ゾーンに引き込まれてしまうお店です。

3333
ラ・ボンバンス(西麻布創作和食)

店名:ラ・ボンバンスとは、フランス語で「ご馳走」の意味です。店内は、厨房スタッフと話したりしながらの対面式カウンターとプライベート感が必要なときのボックス席があり、モダンな雰囲気の空間を演出しています。新鮮な素材を自在に操るオーナーシェフ岡元信氏の創作は、数々の美食家を唸らせた日本料理の伝統に裏打ちされた技を感じることができます。

4444
徳うち山(銀座)創作和食

名店【銀座 うち山】の暖簾分け店です。名店出身の和食料理人(オーナー料理人:工藤淳也)というと堅いイメージがありますが、気取らない雰囲気で食事ができるのが魅力です。店内は、茶色を基調としたザ・和食という感じですが、カウンターがブビンガというアフリカ産の材なのには少々驚かされました。お料理の方は、拘りの食材をいろいろアレンジしたもので、ランチメニューにも出される「鯛茶漬け」は、すでに名物と云われるほどに有名です。新時代の日本料理を味わうことができるお店です。

5555
L’AS(ラス)フランス料理

たくさんの季節食材を使いたいため、コース料理は3週間ごとに内容を変えているというコンセプトです。クラシカルな料理法を踏襲しつつも、自由な感性で現代的な料理を追求しているお店です。9~10品で¥5,000のコースは、とても満足の内容で、そのアイディアに魅了されます。店一押しの「フォアグラのクリスピーサンド」は必食です。世界的にも評価を得ているオーナーシェフ:兼子大輔氏の実力を味わってみていただきたい。

通信教育講座  通信教育講座